お金借りるならどこ

MENU

アコムで借りる流れと必要な物

アコムは若い人から40代50代まで幅広く人気のある金融会社です。

 

お金借りる,アコム,条件

 

ここではアコムを例に、借りる時の手順の流れと必要な物を説明していきますね。

 

一万円借りる時

アコムの借り入れ単位が気になっている人もいると思いますが、アコムで借り入れできる金額は1万円〜800万円の間で審査によって決まります。

 

一万円から借りられるというわけですね。

 

お金がちょっと足りないな・・・という学生さんにも人気がありますが、学生の人は年齢が20歳以上になっていて、定期的な収入があってアコムの審査に通らないと借りられません。

 

とくに年齢は絶対条件なので、18歳や19歳の学生さんは、諦めるしかないですね。

 

借りる流れ

アコム公式サイトにアクセスします。
(24時間申し込みできます。)
この時に、必要な書類はありません。
お金借りる,アコム,条件
メールか電話で連絡がきます。
夜中に申し込んだ場合は翌日以降の連絡になります。
(連絡が来る時間帯 8:00-22:00)
お金借りる,アコム,条件
連絡が来て、仮審査に通ったらここで本人確認の書類を提出します。
必要なものは、運転免許証(なければ健康保険証かパスポート)です。
(本人確認書類の住所と現住所が違う場合は、他に書類が必要です)
提出方法はスマホアプリ・ホームページからのアップロード・FAX送信のうちから選べます。
お金借りる,アコム,条件
審査に通過して融資額が決定すると、「契約手続きのお願い」メールが届きます。
内容を確認して同意したら、契約完了です。

 

カードを郵送・むじんくん・店舗のどれかで受け取れば利用開始!

お金借りる,アコム,条件
自分の口座に振り込んでもらう振込融資なら、カードを受け取る前に現金を使うことができます。
振込融資の手続きがホームページの会員メニューから「振込によるお借り入れのお申込み」で手続きします。

アコム公式サイトへ

アコムで借りる時に必要な物

現住所と記載の住所が同じ本人確認書類です。
一般的には運転免許証があれば一番簡単ですね。
もし運転免許証がない場合は、健康保険証かパスポートになります。

 

保証人や担保、そして印鑑は不要です。
※返済を口座振替にする場合は、引き落とし口座の銀行印が必要です。

プラスして必要な書類があるケース
収入証明書(源泉徴収票または給与明細書など)が必要なケースがあります
・他社を含めた借入総額が100万円を超える場合
・アコムで50万円以上の契約をする場合

 

アコムで借りれる時間

カードが届いた後ならコンビニATMでいつでも現金を引き出すことができます。
ATMによってはメンテナンスで利用できない時間帯があるのですが、ほぼ24時間引き出しできます。
(たとえばセブン銀行ATMは23:50〜0:10の間は利用できません)

 

カードが届いていなくて土日・祝日・夜間などに緊急で借りたい場合は、振込融資が早いです。
振込融資は会員メニューから「振込によるお借り入れのお申込み」をクリックして希望金額を入力するだけなので簡単です。
楽天銀行に口座を持っている人は、最短1分で振込が完了するのですごく早いです。
実際に自分の口座に入金されて引き出しできるのは、それぞれの銀行により異なります。

 

振込融資のメリット

提携ATMで引き出す場合は利用手数料がかかりますが、振込融資の場合はアコムが振込手数料を負担してくれるので利用者は無料です。
これは嬉しいですね。

 

自分の口座に入金してもらう額は、融資金額まるまる全部です。
手数料がひかれて減ってしまうことはありません。

 

お金借りる,アコム,条件